pup-mappi Healing Life

音楽療法カウンセラーのブログです ♪

💎ズボラ手芸で、久しぶりに洋服を創りました

酷い悪天候の本日、こんな日こそ、

家に籠って、何か創ろう!って。。。

先日、ユザワヤで仕入れた、超お気に入りの布は、

出来上がりが想像できていました。

マキシスカートです🧵


「ソレイアード」というブランドの生地で、

南フランスのプロヴァンス地方に伝わる

プロヴァンス・プリントと呼ばれる伝統的なものです。

多々あるプロヴァンス・プリントのブランドの中でも

「ソレイアード 」は、最古のブランドのひとつであり、

代表的なブランドのひとつです。

見れば、誰もが目にしたことのある柄かと思います。

独身時代、母と行ったフランスのニースで、

布はもちろん、ファブリック雑貨や、食器に至るまで、

プロヴァンス柄が溢れていて、

この柄がとっても好きになりました。


今回使った布は、こちら

深い青みがかったグリーンに一目ぼれ、

絶対にこの生地でロングスカート創りたい!って思いました。


めんどくさがり屋の私は、とにかく簡単に、

すぐに出来るものしか作りたくない…😅ので、

端っこを縫って、ゴムを入れるだけの

ギャザースカートを作ることに。

さらに、端ミシン(ほつれ止め)もかけたくないから、

ミミ(布の両端)を使いたい。そうすると、

横幅がかなりのボリュームになる。

ギャザーだと、広がりまくる…ということで、

広がりを少しでも抑えられるよう、

タック(ウエスト部分に織り込みをする)だけは

入れてみよう、と、がんばりました。


この生地のような、等間隔の柄は、

裁断も縫うのも、とっても便利です😊

ズボラ手芸には、最適です✨

ズボラついでに、通常ならベルト部分は、別で作って

本体と繋げるのですが、それもめんどうなので、

折って縫って、本体と一体化した創りです😅

さらに、裾もミシン😅

(裾、本来なら、手でかがったりします。

このミシンでも、かがり、ってあるはずなんだけど、

いかんせん、古いミシンなので、使い方がわからない…)


ちなみに、洋裁は、母から教わりました。

学生の頃から、スカートくらいは作ってたかな…

母は、洋裁学校みたいなところに通ったことがあるそうですが、

私の母ですから、やっぱり根はズボラ。。。😅

こういう、ズボラ作品は、大好きみたいです😊


でも、基礎というか、基本というか、

最低限の知識を教えてもらったお陰で、

これくらいのものが作れるようになり、感謝しています😊

あ、今までで一番の力作は、

pupが七五三で着た、ベストスーツです。

ベストと半ズボンのスーツ。

従弟くんとお揃いで作ってあげたなぁ…可愛かったなぁ…💓


そして、マキシスカートは

あっという間にできあがり✨✨

大満足😊✨


備忘録…

ソレイアード生地 
幅110㎝
長さ208㎝(多めに裁断してくれるので)

すべてを使って、
長さ約95㎝のロングスカートになりました。
身長162㎝でマキシ丈(くるぶし丈)です。